改正された家電リサイクル法を解説

家電リサイクル法を知る

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

家電を処分するための法律

家電を処分する時は、必ず手数料が発生します。 以前と変わった部分があるので、詳しく新しい家電リサイクル法を調べてください。 手数料の金額を間違えていたり、支払うタイミングが違うと処分してもらうことができません。 最悪の場合は、再び手数料を払い直しになります。 続きを読む

手数料の決まりを知ろう

家電を処理する時は、粗大ゴミなのか家電リサイクル法に該当するものなのか調べる必要があります。
その結果に応じて、自分がどのような方法で処分すれば良いのか変わります。

家電リサイクル法は、昔からあった法律です。
ですから名前を聞いたことがある人が多いでしょう。
今さら具体的に調べなくても、該当する家電の出し方を詳しく知っているという人もいるかもしれませんね。
ですが油断しないでください。
家電リサイクル法は改正されているので、きちんと改正された後の内容をみなさんは詳しく知っているでしょうか。
古い家電リサイクル法しか知らない状態では、正しい処理ができないので気をつけてください。

名前は同じ家電リサイクル法ですが、内容が大きく変化している部分があります。
これまでの法律では普通に粗大ゴミとして処分できていた製品が、できなくなっているものもあります。
また処理に必要な手数料が増えていたり、手数料を支払うタイミングなども変わっています。
どこの部分が変わったのか、改正後の家電リサイクル法を必ず1回はチェックしてください。
いざ家電を処分しようと思った時に、方法が分からず戸惑ってしまうことのないようにしてください。
家電リサイクルが改正されて決まりが厳しくなったり細かい項目が増えていますが、理解すれば家電を処理することは簡単です。
必要な時にすぐ処分できるよう、前もって改正された家電リサイクル法に関しての知識を増やしておきましょう。

回収する量の目標

もっと積極的にみんなが家電をリサイクルするように、法律が変えられました。 市町村が積極的になるためにはどうすればいいのかを考えて、目標を定めることにしました。 目標があるおかげで、市町村が積極的に家電を回収してくれています。 目標に近づけるよう貢献しましょう。 続きを読む

回収できる種類が増えた

従来の家電リサイクル法では、扱っていない種類もありました。 ですが、改正されてからは取り扱う種類が増えたので何を家電リサイクル法に従って処分すれば良いのかきちんと調べてください。 自分の持っている知識が古いと、いざという時に家電の処理方法を間違えてしまいます。 続きを読む

▲トップへ戻る