回収する量の目標

目標の量とは

家電リサイクル法が改正されたあとでも、地域に住んでいる人が積極的に出さなかったり、回収する側が適当に仕事を進めていたら意味がありません。
きちんと回収することができるように、実は目標が設定されています。
市町村によって、家電を回収する量の目標が異なるので前もって調べておきましょう。

ホームページなどを見れば、暮らしている地域の目標を調べることができます。
これまでの家電リサイクル法では目標が無かったため、誰も積極的になれず家電を適当に処理する人が多かったと言われます。
ですが目標を設定することで、自分たちの使命感をみんなの心の中に植え付けることができるので、家電を正しい方法で処理しようとする人が増えていきました。

目標がある意味

なぜ、家電リサイクル法という法律があるのか考えたことがありますか。
それは余計なゴミを減らして、資源を有効活用するためです。
そのように大事な目的があるのに、不法投棄などで家電を適当に処分していたら資源が無くなってしまいます。
そのようなトラブルを少しでもなくすために、家電リサイクル法が改正されました。

変わった部分はいろいろとありますが、目標を設定した部分もあります。
市町村によって、異なる目標を設定しました。
人間は、目的があればそれに向かって頑張ることができます。
ですから目標を設定した現在では、みんながきちんと家電リサイクル法を守って積極的に家電を処理してくれています。
トラブルも少なくなったので、効果が出ています。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る