回収できる種類が増えた

法律に該当する種類

新しい家電リサイクル法になってから、回収できる家電が増えました。
エアコンや、テレビなども含まれるようになったので気をつけてください。
家電リサイクル法が変割る前は粗大ゴミとして出すことができていた種類ですが、現在は粗大ゴミに出すと法律違反だと認識されます。
正しく回収してもらえないだけでなく、法律を違反したので罪を罰せられるかもしれないので余計なトラブルが大きくなります。

仮に法律を違反した場合は罰金を支払うことで解決できるパターンが多いですが、余計なお金を支払いたくないと考えている人が多いでしょう。
新しい家電リサイクルに該当する家電の種類を調べていれば、法律を違反することなんてないので安心してください。

種類が増えた理由

リサイクルできる家電が増えたことによって、資源をさらに増やしてゴミを減らすことができるようになりました。
粗大ゴミに出した場合は、後は何も有効活用ができません。
従来の家電リサイクル法ではリサイクルできる家電が少なかったので、まだ使えるかもしれないのに処分される家電がたくさんありました。
それではゴミがどんどん増えて、地球環境が悪くなると考えられたので家電リサイクル法が変わりました。

もっとリサイクルできる家電を増やせば、金属や鉄などの資源を取り出すことができます。
使える資源が残っているなら、使わないと意味がありません。
ですから資源を無駄にしないためにも、家電リサイクル法が変わって対象となる家電が増えました。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る